鹿児島の空き家事情
空き家は地方の大きな問題

平成25年度は総住宅数は6063万戸と5年前に比べ305万戸(5.3%)増加し空き家の数は820万戸と5年前に比べ63万戸(8.3%)増加しました。
空き家率(総住宅数に占める割合)も13.5%と0.4ポイント上昇し過去最高となっており、適正に管理されていない空き家は防犯や衛生環境の面などでも地方の大きな問題となっております。

参照元: 統計局ホームページ http://www.stat.go.jp/
急激に増え続ける空き家

そのうえ、高齢者単身世帯と高齢夫婦世帯の合計約785万世帯を空き家予備軍と考えると、この数字は急激に増え続けるものと思われます。
現に住宅の着工数と滅失数のいくつかの試算によると2040年には空き家率が43%になるというシナリオも発表されています。

参照元: 統計局ホームページ http://www.stat.go.jp/
参照元: 内閣府 http://www.cao.go.jp/
空き家は地方の大きな問題

また、価値総合研究所が行った「空き家」に関する調査によると、空き家の所有者のうち売却や賃貸などを検討している人は24.0%で71.0%の人は特に何もしないまま放置している状態、さらに空き家について特に管理すらしていない人が12.8%もいる状況です。

参照元: 価値総合研究所 http://www.vmi.co.jp/

当社は不動産会社として、空き家管理士の資格を取得し、お客様へ適切な空き家管理に関する情報や資料の提供、空き家管理に関する調査研究や社員研修の実施を行っております。

メディア
参照元: 南日本新聞 http://373news.com/